Lispまとめ

言語概要

LISP - Wikipedia

LISP(リスプ、LISt Processingの略)は 関数型プログラミング言語である。
ただし、変数への値の代入(束縛)も可能な、手続き型言語の性格をもっているものもある。

LISPは動的な型付けを行う(値には型情報を持つが変数は型を持たない)、前置記法を持った、コード自身をファーストクラス(一級市民)オブジェクトとして扱うことができる言語である。

すべてのプログラミング言語を通じてLISPは2番目に古い高級言語であり、現在でも広く使われている。
最古の高級言語FORTRANと同様に、LISPの言語仕様は初期のころから大きく変化している。
厳密には、LISPは一つの言語ではなく「LISP方言」と呼ばれる同種の言語(方言)の集まりである。
なにも付けずに「Lisp」というときは一般的にCommon Lispのことを指し示している場合が多い。

実行環境

インストール方法

Hello, World!の表示

学習内容(INPUT)

  • 学習内容の別ページ?

まとめ(OUTPUT)

  • まとめの別ページ?

参考リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-20 (日) 23:29:53 (2124d)