PukiWikiをインストールするときの備忘録

公式サイト

PukiWiki-official
http://pukiwiki.sourceforge.jp/

ダウンロードページ

PukiWiki/Download/1.4.7
http://pukiwiki.sourceforge.jp/?cmd=read&page=PukiWiki%2FDownload%2F1.4.7

最新の安定版でUTF-8用を選択

インストール

PukiWikiのインストール
http://pukiwiki.sourceforge.jp/?PukiWiki%2FInstall

アップロード

  • ZIPファイルを展開して、PukiWikiのフォルダ、ファイルを全部WEBサーバーにアップロードする。
  • フォルダ名は適宜リネームしておく。とりあえず「wiki」でOK

パーミッションの変更

pukiwiki_permittion.png

ディレクトリ/ファイルパーミッション備考
./755PukiWiki自体のフォルダ(ここでは「wiki」フォルダ)
777にするフォルダ
./attach777
./backup777
./cache777
./counter777
./diff777
./trackback777
./wiki777
666にするファイル
./cache/*.dat666拡張子が「dat」のファイル
./cache/*.ref666拡張子が「ref」のファイル
./cache/*.rel666拡張子が「rel」のファイル
./wiki/*.txt666拡張子が「txt」のファイル

pukiwiki.ini.php の修正

  • PHPがセーフモード(制限あり)の場合
    define('PKWK_OPTIMISE', 1);
  • 改行型のプラグインを使う場合(html.inc.php等)
    define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 0); // 1 = Disabled
  • PukiWikiのタイトル
    $page_title = 'サイト名';
  • サイト管理者名
    $modifier = '管理者名';
  • サイト管理者のホームページ
    $modifierlink = 'http://pukiwiki.example.com/';
  • 自動Wikiページ名
    結構ウザイので無効にしておく。
    $nowikiname = 1;
  • サイト管理者パスワード
    $adminpass = '{x-php-md5}!';
  • 編集ユーザー
    管理者だけにしておく。
    $auth_users = array(
    	// Username => password
    	$modifier => $adminpass
    );
  • 編集制限
    編集制限を有効にしておく。
    $edit_auth = 1;
  • 編集可能なユーザー
    すべてのページを管理者だけにしておく。
    $edit_auth_pages = array(
    	// Regex	Username
    	'##' => $modifier
    );
  • 改行
    wikiの基データの改行を、改行タグとして表現する。
    $line_break = 1;

プラグイン

html.inc.php

PukiWiki で HTMLタグを直接出力するためのプラグイン

html.inc.php - PukiWiki-official
http://pukiwiki.sourceforge.jp/?%E8%87%AA%E4%BD%9C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%2Fhtml.inc.php

ダウンロードページ

html.inc.php
http://lsx.sourceforge.jp/?Plugin%2Fhtml.inc.php

インストール

  • ダウンロードしたhtml.inc.phpをpluginフォルダにアップロードする。
  • プラグインで複数行引数を使えるようにしておきます。
    pukiwiki.ini.phpで、
    define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 0); // 1 = Disabled
    (すでにPukiWikiインストール時点で変更してある。)

使い方

以下のように、「#html{{」と「}}」で囲んだ範囲内にHTMLタグを記述すると、PukiWikiで直接HTMLタグを表示できる。

#html{{
<div><b>foo</b>, PukiWiki</div>
}}

prettify.inc.php

PukiWikiで、プログラムのソースコードをハイライト表示するプラグインがありました。
設置が簡単という基準で、prettify.inc.phpを利用します。

ダウンロード

http://www.revulo.com/PukiWiki/Plugin/prettify.html

インストール

  • prettify-1.0.tar.gz
  • prettify-14-Jul-2008_revulo.zip
    ダウンロードした上記の2ファイルを「plugin」「skin」にコピーするだけでOK。
    とっても簡単!

pukiwiki.ini.phpで、

define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 0); // 1 = Disabled

(すでにPukiWikiインストール時点で変更してある。)

使い方

#prettify{{
  ……
  ソースコード
  ……
}}

のように記述すると、ソースコードがハイライト(強調)表示されます。

参考

他にもソースコードをハイライト表示するpukiwikiプラグインが紹介されてました。

プラグイン名使用ライブラリ
geshi.inc.phpGeSHi (PHP)
highlighter.inc.phpPEAR::Text_Highlighter (PHP)
prettify.inc.jsgoogle-code-prettify (JavaScript)
shjs.inc.phpSHJS (JavaScript)
codehighlight.inc.php独自に実装 (PHP)
highlight.inc.phpSyntaxHighlighter? (JavaScript)

改造

アクセスカウンター

ログをテキストファイルで保存する方式は、データが壊れる。
ログをデータベースに保存するように変更する。


添付ファイル: filepukiwiki_permittion.png 3件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-20 (日) 23:29:57 (2006d)